契約時の初期費用一覧

高級賃貸に契約する時の初期費用一覧

契約時の初期費用一覧 高級賃貸物件に入居するにはお金が必要です。
入居してからの毎月の家賃や公益費などは当然ですが、正式に賃貸契約を取り交わす時にも初期費用と言ってまとまったお金を用意しなくてはなりません。
その初期費用の目安は、一般的に敷金と礼金がそれぞれ家賃の2か月分、不動産会社への仲介手数料が家賃の1か月分、翌月分のいわゆる前家賃1か月分、と家賃の半年分とされています。
これらの費用は、それぞれ支払う目的と誰に支払うかが分かれています。
敷金は、賃貸契約の担保金として法律でも明確に定められているお金で家賃の滞納やその高級賃貸物件から退去する時の原状回復の費用に備えて大家さんに預けておくものです。
礼金は敷金とは全く性質が異なり、高級賃貸物件を借りるお礼として大家さんに渡すもので、敷金のように清算後に戻ることはありません。
仲介手数料は、仲介の形でその高級賃貸物件を紹介してくれた不動産会社に請求権がある成功報酬型の手数料で法律で家賃の1か月が上限と定められています。
家賃は、前払いが原則なので、契約時に大家さんより翌月が請求されます。
これらに加えて、正式に賃貸契約をする時には玄関のカギの交換費や借家人賠償補償の付いた火災保険の保険料なども必要になります。

高級賃貸は都会の一人暮らしに最適な選択

グレードの高い高級賃貸は憧れの存在です。
十分な収入がある人にとっては当然の選択となりますが、立地や築年数など様々な条件によっては、ごく普通の収入の人でも十分に狙える物件も多いものです。
高級賃貸マンションのメリットは多くあります。
例えばセキュリティの高さが挙げられます。
多くの富裕層が暮らす高級賃貸は優れたセキュリティシステムが完備され、居住者の安全を守っています。
簡単に外部からの侵入者を許さない構造になっているほか、24時間警備システムや複数の防犯カメラの完備など、特に一人暮らしの女性にとっては安心感を得られます。
安全はお金で買うことができるとも言えるでしょう。
また一人暮らしにとっては嬉しいホテルライクなコンシェルジュサービスが受けられたり、その場所に住んでいることで得ることのできるステータス感も大きなポイントです。
住まい方にこだわりのある方にとっては、日々の暮らしがちょっと贅沢になり、大きな安心感を得られる高級賃貸マンションを検討してみる価値は十分にあると言えるでしょう。

新着情報

◎2017/1/19

億ションより高級賃貸の理由
の情報を更新しました。

『高級賃貸 費用』 最新ツイート

Copyrignt(c) 2015 Living ones. All rights reserved.