震災時の利点

子供の有無で賃貸物件の選択方法

都心部にお住いの方で、子供が生まれるので、もう少し広い賃貸物件に引っ越そうとお考えの方がいらっしゃることでしょう。引っ越しした後、子供が大きくなった時の部屋の確保の問題が生じます。
二人目以降が生まれるとなると、再度住まいの変更を考え直さなくてはならなくなります。家族のいる引っ越しは、身体的や経済的にも負担がかかってきます。
初めに家族計画を立ててから、住まいの検討がおすすめです。
賃貸物件の選択方法 子供がすでにいらっしゃる方で、賃貸物件をご検討の方で、駅から近く公共機関が近くにあるのが一つでしょう。
小さい子だと、病院にいく回数も増えます。通院だけでも負担がかかります。学校や幼稚園が近くにあると安心して、送り迎えをすることができます。駅から近いことで、塾や習い事にも通いやすくなります。スーパーや商業施設が近くにあるのもありがたいです。
忙しいお母さん達にとっては、負担が軽くて快適な毎日を送りたいものです。選択方法としてご参考ください。

賃貸が効果を発揮する震災時の利点

賃貸住宅の利点は、自由に引越が行える事で、生活の変化によって変える事が出来ます。賃貸の特徴は、震災被害に遭った場合にも発揮されます。
震災は、インフラにダメージを与えますが、同時に生活を続ける事を難しくします。
賃貸は、震災発生後の生活場所を限定しないので、必要に応じて引越が考えられる余裕があります。持ち家の場合は、被害が資産価値を変化させますが、賃貸なら修繕や売却を考える必要がありません。
引越が容易な特徴は、被害を未然に防ぎたい場合にも役立ちます。海に近い地域は、高台に移動するだけで被害を押さえる事が出来ます。
また、地盤が安定した土地を選べば、揺れに対する安心感が得られます。被害が発生する時は、住み方が生活を左右しますし、資産に対する影響も発生します。
住宅選びは、資産の選択に繋がりますが、リスクマネジメントの点でも重要な意味があります。持ち家は、安心して帰る事が出来る場所を実現しますが、被害が発生するとたちまち状況は一変します。

新着情報

◎2017/1/19

億ションより高級賃貸の理由
の情報を更新しました。

『賃貸 震災』 最新ツイート

@hanrei_bot

震災により,滅失はしていないもののライフライン停止などにより使用不能となった賃貸マンションにつき,民法536条1項類推により使用収益が可能となるまでの間は賃料支払義務を免れるとした事例 神戸地判H8.12.19

3日前 - 2017年03月26日


@hanrei_bot

震災により,滅失はしていないもののライフライン停止などにより使用不能となった賃貸マンションにつき,民法536条1項類推により使用収益が可能となるまでの間は賃料支払義務を免れるとした事例 神戸地判H8.12.19

4日前 - 2017年03月25日


@rinko_hh

賃貸物件を探していたとき、相場よりかなり安いものを見つけたので、お、事故物件か?と思って聞いてみたら、震災で基礎が傾いたままなのでこの値段なんですと言われた。駄目じゃねえか!ってか、安いとは言え、そんな瑕疵物件出してて良いのかな…。事故物件は一切気にならないけど、さすがにそれは

5日前 - 2017年03月25日


Copyrignt(c) 2015 Living ones. All rights reserved.